シャドバおじいちゃんの攻略ブログ

攻略サイトには載っていない知識をお届け

【シャドバ】RAGE参戦記~運命の神々編~

f:id:H_mizono:20200724070127p:plain
今回はFOHのRAGE参戦記。
読み物というよりは私のためですが、今月更新してなかったお詫びも兼ねて。

図書館に数記事追加しておいたので、そちらもどうぞ。

day1

環境

ナーフから5日でRAGE、当然皆時間が足りなかった。
ロイヤルのナーフで専門店が意識され、どのデッキからもラブソングシンガーが飛んくる事態に。
シェアトップはキャルリンクル秘術(秘術)と葬送ネクロ(葬送)
競技勢に限れば、ディスカとヴァンプの評価も高かった。

デッキ評価

秘術

専門店以外に目立った不利がなく、次に多そうなネクロに戦える。
誰もが持ち込み易いと考え、1番多いと予想。

葬送

回った時のパワーが凄まじいが、回らない時の弱さで敬遠されていた。
主にライト層の持ち込みが多いと考え次点で多い予想。

冥府

葬送に有利がつき、ミルティオへの依存度が低いことから候補だった。
秘術がリンクルキャルに移行したことで立ち位置が悪化。

ディスカ

ナーフ前ディスカの恐ろしさから早い段階で注目していた。
秘術にも有利に見えて有力候補だったが、ランプの札が少ないことが気掛かりだった。
偶然ともいえないjcg4連覇をしていて、デッキの強さは担保されていた。

ヴァンプ

コントロールヴァンプがウィッチに厳しいがネクロとディスカに強く立ち位置は悪くなかった。
直前のjcgで一裂きをいれたミッド型が現れ、凄い勢いで流行った。
数は3番目に多いと予想。

専門店

デッキパワーは高いがラブソングシンガー(シンガー)がどのデッキからも飛んできたのが問題。
しかし、秘術とヴァンプに有利でネクロにも戦えてシンガーなしのディスカにも有利だった。

異形

事前評価で異形がぶっちぎりだったので、宝くじ枠としてリノコン異形、純異形、リノ異形などを試した。
リノと異形が喧嘩するのが問題で、リノをいれるとリノが絡まないと勝たないデッキになってしまった。
純異形は思ったより分岐があることは分かったが、見た目の弱さや異形への依存度の解消は難しそうだったため諦めた。

AF

こちらも宝くじ枠。
プロリーグに持ち込まれていたのと、アンリミのAFが凄まじかったのでローテもやれる可能性を感じた。
デッキへの理解度が強さに直結するデッキタイプのため間に合わないと踏んで諦めた。

持ち込み

持ち込みは専門店とディスカで一番多いであろう秘術をシンプルに狙った。
シンガーに弱いが、jcgではディスカ以外はほとんど積まれておらずそこまで心配していなかった。
むしろ専門店はミラーが減ったことで持ち込み易かった。

ディスカ

f:id:H_mizono:20200724065228p:plain
コール型が主流だったが、ワンコジェネシス型を持っていった。
5プレシオできなくて負けが一番下らないというのが当時の考え。
プレシオ6枚にランプ6枚ではせいぜい7割程度、着地後にもランプしたいこと、後引きを許容することにも繋がるためにジェネシス採用に至った。
ジェネシスは先4託宣でも十分であり、7,8ppに打つことも多く気にいっていた。
デッキパワーを下げるかわりに底を上げたが、今では周りの完成度が上がってついていけなくなった。

特徴的なのはゼルガネイア

  • 序盤に失ったライフとハンドの両方を回復する
  • シンガーが増えてプレシオ以外の除去の評価が上がった
  • 進化権がいらない
  • 長引いた時のリーサル補助(実質ダークジェイル)
  • まだ警戒が薄かった
  • ヴァンプがバーン型に移行していてライフ回復の重要性が上がった

ジェネシスとの噛み合いでライフ回復と進化権の補完として優秀だった。
結果的に遅引きの異形相手に2戦ともゼルガネイアが刺さり勝ち星を拾ってきてくれた。

専門店

f:id:H_mizono:20200724065244p:plain
構築は一般的なもの。
調子良い時が超越、リノコン、リオードだったのが大きい。
超越と呼ばれるくらいだから得意だろうと思って一番練習した。
理と情はあまり考えないタイプだが、情の持ち込みだったかもしれない。

結果


予想よりもエルフが多く実際2回も当たった。
相手が1異形なら負けていたし、全体的に運が良かった。
ディスカが想像以上に秘術に有利で持ち込みは合格だったと思う。
前回3byEを持ちながらday1敗退した無念を晴らすことができた。

day2

環境

day1から2週間間が空いて、その間に環境がぐるぐると回った。
エイラがディスカとヴァンプに立ち位置が良くたちまちトップに。
エイラを見たAFと進化ロイも現れ、全クラス参戦の混沌環境になった。
最終的には葬送の株が上がったことで、またもや秘術葬送がシェアトップでday2を迎えた。

デッキ評価

秘術

有利相手のヴァンプやロイヤルが姿を消したものの、専門店も消えたため引き続きトップ。
構築がRAGE時点と変わらない影響もあり、勝率は徐々に低下していた。
直前にネクロ再評価を受けて、やはり今回も1番多いと予想。

葬送

混沌環境はデッキパワーにものを言わせる定跡で、まさしく今回はその通りだったと思う。
デッキパワーが一番高く、エイラに有利であり不利相手にもごり押せる。
秘術の相性が平たいためにメタの中心だった。
ミラーをしたくなかったことから回避したが、おそらく勝ち組。

冥府

葬送の株が上がったことで、冥府の株も上がった。
ミラーをしたくない層が冥府を握りたくなり、直前のjcgでもその傾向が見られた。
冥府も多いと考えたがそこまで多くはなかったようだ。

ディスカ

エイラ急増で鳴りを潜めていたが、葬送再評価で再び立ち位置が良好に。
練度で勝負するならこのデッキだったと思うが練度に自信がなく諦めた。

ヴァンプ

ディスカに同じくエイラに淘汰されたが、葬送評価で再復活。
しかし、葬送のリストが完成され以前よりは勝てなくなってしまった。
ただ、ディスカも増えて立ち位置は悪くなかった。

エイラ

環境を動かした張本人。
ディスカとヴァンプに有利、疾走もあることで秘術にも戦えるためday1直後に爆増した。
いざ使ってみると、有効札の少なさに驚かされた。
エイラ6枚あるものの面処理はロレーナ依存でユカリ1枚だと勝ちきれないなど感触は良くなかった。
おそらくパスしてでもロレーナを残すようなプレイが必要。
エイラを見てAFや進化ロイまで現れ、環境トップの座は長く続かなかった。
葬送の増加でday2時点ではほとんどいない予想だったが案外いたようだ。

AF

day1前後ではフェイランなども見られたが、ラグナアウェイク採用のミッドコントロールが主流となった。
エイラに有利ということで、進化ロイと一緒に持ち込みを考えていた。
秘術が想像以上に厳しく、葬送にミュニエを当てても勝たない試合が続き諦めた。
見たところ勝ち組なので、練度に自信があるなら良い選択肢だった。

進化ロイ

ナーフにより猛虎はともかくシーフが弱くなりすぎて環境から姿を消した。
エイラの増加で再び焦点が当たり、レートの勝率がトップの日もあった。
day2にエイラはいない予想になり、AFと共に役割がなくなった。

専門店

エイラ増加→葬送増加と立ち位置が終始悪く、環境から追い出された。
RAGEの前日まで私はデッキリストを消していた。
葬送増加の次の段階は冥府ディスカヴァンプの増加でday2進出組ならそちらを握ると考えた。
シンガーも誰も積んでいない状態だったため、予想があっていれば持ち込む価値があった。

異形

day1で大暴れしたが、思ったより数は増えなかった。
レートでは数いたことから、day2組なら持ち込む予想で3番目に多いと考えていた。
持っていくつもりはなかったが、専門店を握ろうと考えて急遽相方候補に。

リノ

完全にノーマークだったが、前日のjcg優勝を飾った。
マネフィにも複数見られ、今回の当たりデッキだったのかもしれない。
異形と混ぜるタイプの挫折から同列に考えて試さなかったのは失敗。

持ち込み

持ち込みは専門店異形。
葬送メタのメタでday1のシンプルなものから1段階捻った持ち込みにした。
異形を選んだのは相手の秘術が先投げしてくれるのを専門店で狩る作戦。
実際に専門店を秘術に当てることができ、異形が抜けるかの勝負に持ち込むことができた。
異形自体が全体面に戦えて上振れも存在し、ディスカも見られることから相性は良かったと思う。
異形依存はあるが、運が良いことが前提の条件なのであまり気にならなかった。

専門店

f:id:H_mizono:20200724065303p:plain
day1から1枚差し替えてあるが、特段こだわりはない。
day1ではヴァンプに0点の手札で負ける事件があったが、day2の引きは良かった。
相方異形のおかげで秘術相手に楽な試合が多く、1度当たったエイラ相手にも惜しい試合をしてくれた。

f:id:H_mizono:20200724141840j:plain
接合で引けていれば勝てていた
異形

f:id:H_mizono:20200724065322p:plain
構築プレイともに後悔が残った。
プレイに関しては、異形の融合を忘れて後ドローやヴァンプ対面での大局観など不十分なところ多かった。
結果には関わらず、プレイが不十分なことは織り込み済みであったため問題は構築にあった。

相方が専門店なのでスピアエルフの3枚目をいれたがこれは上手く機能し秘術に勝つことができた。
後悔しているのはプライマルの3枚目で、ゼルガネイアを減らすなら3枚積むべきだった。
ディスカ相手に回復足りなくなる、アクセラの枚数が足りないなど構築の弱さが露呈した。
数を回していれば気づけたことで、準備不足という他ない。

結果


結果はマネーフィニッシュで自身のRAGE最高戦績になった。
結果に期待できるほど時間をつぎ込まなかったため、驚いている。
秘術に多く当たり、負けなしだったことが良い結果に繋がった。
敗因はディスカ冥府相手に異形がタテられたのが全て。
マネフィで喜んでいては先に進めないという意識もあるので、次こそは…