シャドバおじいちゃんの攻略ブログ

攻略サイトには載っていない知識をお届け

【シャドバ新カード評価】ナテラ崩壊アディショナル【ローテーション】

f:id:H_mizono:20200511142925p:plain
ミリオンカップでチェックインを忘れました、どうもシャドバおじいちゃんです。
今回はWUPアディショナルの事前評価をしたいと思います。
アディショナルということで追加時点の評価と将来性の二つを行います。

評価基準

  • S:環境を変えるカード
  • A:環境デッキに採用カード
  • B:環境デッキで採用圏内、ファンデッキに採用カード
  • C:採用デッキなし

事前評価

ニュートラル

神話の剣

f:id:H_mizono:20200519140250p:plain
評価C 将来性B
アミュレットメタに継続除去とかなりコントロールよりのカード。
6コストなのでメタカードとして採用できるデッキはかなり限られます。
現環境では自分のしたいことをいかに相手より早くするかが重要なので、出すことが勝ちに繋がりにくいです。
環境の推移によっては、3ターン相手の盤面を制限する効果が有効になったり、アミュレットメタが有効になる可能性もあります。

エルフ

森を彩る者・エルフクイーン

f:id:H_mizono:20200517120433p:plain
評価A 将来性S
ドロー守護AOEとまさしくオーバーパワーなカード。
リノコンでの採用が期待されます。
ノインすら1枚で返せるので弱点の後攻4を埋めてくれるのが優秀です。

ただ、リノコンはリノを進める、妖精龍を進める、4プレイをする(ガイアのコストを下げる)のが重要なデッキです。
このカードはどれにも直接は貢献してくれないため進化カードとして扱うことになりそうです。
進化カードとなるとリノにも進化を切りたい関係上あまり多くの枚数は積めないと考えます。
少数枚採用して、後攻でキープするのが綺麗になりそう。

単純な高パワーで他のデッキタイプで採用されそうなので要注目カード。

追い風の妖精

f:id:H_mizono:20200515000416p:plain
評価B 将来性A
実質1コストでプレイできますが、5ターン目までプレイできないのが弱点です。
やはり採用候補になるのはリノコンで、新たなドロソの枠として期待できます。

リノコンの弱点は4プレイを要求されることも多く、そのプレイリソースを確保するのが大変なことです。
既存の3コスのドロソも優秀ですが、4プレイに絡みにくいため中盤には打ちにくいのが頭を悩ませていました。
その点、このカードは自身がプレイリソースになり4プレイしながらドローできるのは優秀だといえます。

アリアの旋風と相性が悪いことや、2ドローは安定しなさそうでドロー枚数が単純に足りない可能性があります。
使ってみないとわからない部分も大きいので、期待のカードです。

ロイヤル

白銀の閃き・エミリア

f:id:H_mizono:20200515000320p:plain
評価B 将来性B
叡智ビジュアルで話題のカードですが、アイテールが抜けたドロソの枠になりそう。
機械ロイヤルでは採用しにくく、進化ロイヤルでの採用が考えられます。

進化効果で下げるカードにはゲルトや輸送者があり、2面に触れながらドローができます。
エンハンス効果も弱くなりがちな7の動きになり、8の舞踏に繋げられます。
扱い易いドロソではありますが、デッキパワーの底上げにならないためロイヤル復活には足りません。

流麗なる槍術士

f:id:H_mizono:20200519140130p:plain
評価C 将来性B
3コストで確定除去に必殺が残るのは強力ですが、指揮官2枚条件が重くのしかかります。
効果が発動しないとパワーが足りないですが、指揮官を多く採用できるデッキタイプがありません。
pp回復で自然にも採用できるように見えますが、3コス過多になるため採用できません。
兵士指揮官シナジーをまた意識し始めているので、新弾での追加次第では採用されそう。

ウィッチ

元素の魔術師・アーレイン

f:id:H_mizono:20200519140338p:plain
評価C 将来性B
イラストが非常に綺麗ですが、効果はかなり抑え目。
自然Wのヘイトが高いせいで強化ができないということでしょう。
秘術でも、土を割るでもなく盤面が空いて手札に土がある前提のカードなのでやはり微妙。

こんなに悲しみを背負っているカードも珍しいのでなんとかして使ってあげたい。

ペルソナウィザード

f:id:H_mizono:20200516120653p:plain
評価B 将来性B
自分のフォロワーも選択できるのが面白いカード。
大型フォロワーや厄介なアミュレットを消すのが主な役割。

採用の可能性がありそうなのは自然Wで守護を退かしたり、エイラや禁約を変身できます。
スペルブースト効果はおまけ程度ですが、自然Wであれば発動の可能性があります。
現状は禁約やマナリアの叡智の方が優先度が高く採用には至らなそうです。

ドラゴン

ドラゴンイクシード・ギルヴァ

f:id:H_mizono:20200516121519p:plain
評価C 将来性B
リーダー付与効果がリメイク前と同じ5点で良デザイン。
肝心のリーダー付与効果はかなり状況を選ぶため、基本的には出したターンのみ発動になりそう。
ナテラの大樹ですら置けないため、自然機械Dでは採用できません。
また、スクラムドラゴンも盤面を押し付けるデッキなので相性が悪いです。
5ターン目の動きとしては強いですが、優秀なプレシオサウルスがいるため採用するデッキが見つかりません。

金剛のパキケファロサウルス

f:id:H_mizono:20200520115432p:plain
評価C 将来性B
ディスカードシナジーながら単体で使えないのが残念。
ディスカードは単体でも扱いやすいカード達で、よく他のデッキタイプにタッチされます。
逆にディスカード単体では組むことがないので、ディスカード前提のこのカードの評価は低くくなります。
一番ディスカード要素が大きいデッキはスクラムですが、他の優秀な2コストと比較して入ることはなさそう。

ネクロマンサー

ナイトメアイーター

f:id:H_mizono:20200520115455p:plain
評価B 将来性B
行進せよ!と聞こえてきそうな効果ですが、自然ネクロで活躍してくれそうです。
自然ネクロはラスワカウントとフィニッシュをルベルに依存していました。
このカードはカウント稼ぎ、フィニッシュ補助両方に貢献してくれます。
ネクロマンスがあまりがち、盤面を無視される都合上回復偉いなども相性が良いです。

王墓の骸

f:id:H_mizono:20200517122615p:plain
f:id:H_mizono:20200517123450p:plain
f:id:H_mizono:20200517123515p:plain
評価A 将来性A
3コストで5コストのアミュレットを出すというのが昔との違いを感じさせます。
3/1/2で2ドローしながら2回復に4墓地稼ぎとスペックは十分です。
欠点は即時ドローできないことで、4の動きを持ってくるという動きは難しそう。

エンハンス効果も6コストで10コスト分と強力ですが、採用するデッキでしたい動きであるかは怪しいところ。
3コストで墓地を稼ぎながらのドローとして冥府で採用できます。
妖怪Ncでは3でも6でもしたい動きになりにくいので採用は見送られそう。
エンネアの強化で冥府も強化されたので同時に採用されそう。

ヴァンパイア

ルインウェブスパイダー

f:id:H_mizono:20200515000349p:plain
評価B 将来性A
まさに蜘蛛という感じでいやらしい効果をしています。
疑似的な盤面ロックが行える上に次に出るフォロワーまで止めるので相手の動きを大きく制限します。
問題は10コストであることですが、アクセラレートや神のコスト軽減で7,8ターン目での登場はできます。

機械Vでは神でコストが下がりますが、ワンダーコックのサーチを歪めるのが採用を躊躇います。
自然Vでは2ターン目に置く必要やナテラの枚数をデッキに増やす必要があります。
出た時の強さはあるものの、出すために構築を歪める必要があるのが欠点。
将来的に盤面ロックをして次に相手の盤面を処理できるか、フィニッシュ力が足りるかで採用が変わりそうです。

背徳の狂獣によってナテラを多く採用することに意味が生まれました。
コントロールVで採用されそうです。

背徳の狂獣

f:id:H_mizono:20200519140226p:plain
評価A 将来性S
リーダー付与効果が非常に強力で、相性が良いカードが多いヴァンパイアで長く使われそう。
通常ドローですら点数が飛び、ドローを回す隙を埋めてくれます。
ミッドVでは顔にも飛ぶので足りなかった点数の補助にもなります。
機械Vでもワンコからの確定サーチを崩してしまうのが迷いますが、採用の可能性があります。
ドローカードで進化権の節約ができたり、枚数参照なので神や悪鬼で3点以上飛ばします。
蜘蛛とこのカードを新たな軸にしてナテラを多く採用するようなコントロールVも生まれそう。

ビショップ

楽園の双翼・ガルラ

f:id:H_mizono:20200516120045p:plain
評価B 将来性B
効果が長いですが、"アミュレットの破壊数"以下最大のフォロワーとアミュレットをデッキから場に出せます。
破壊数というのがポイントで5ターン目までに稼げる数はせいぜい2,3回程度です。
出したいアミュレットはムニャール、黄金の鐘、セイントコアなどでフォロワーの方がメイン。
出すフォロワーは採用デッキで変わりますが、自然BとアミュレットBで採用がありえそう。

自然Bではミルフィや母なる君まで期待ができそうで相性は悪くなさそうです。
ただ、足りなかった部分を補うことはできないので追加時点での活躍は難しそう。
コストの踏み倒し量は大きいので、新アーキタイプに期待。

博愛の翼人

f:id:H_mizono:20200519140316p:plain
評価B 将来性A
自然強化ですが、アミュレットコピーだけでも優秀なカード。
1ターン目にプレイしたアミュレットをコピーして3の動きをにしたりとできることは多い。

単純にナテラをコピーすれば、1コス低いインパルスアルケミスト。
0コスを抱えて、ミルフィやパニッシャーと組み合わせて使えるのも便利。
進化効果で置きタイミングが難しい黄金の鐘などを置ければなお良し。
非常に汎用性が高く、機械樹の番人のように他のデッキタイプでも採用されそう。

ネメシス

ターミネイトマシンベア

f:id:H_mizono:20200520115537p:plain
評価S 将来性S
機械ネメシス強化カード、ダミアンの調整版のような性能です。
pp回復も味方で発動し、5点と3点AOEは盤面を一掃するには十分。
エアリアルクラフトを出しても5、6の動きにあまり良いものがなかったのも高評価。
フィニッシュをベルフォメットに頼りがちでしたが、神からのマシンベアで戦える試合が増えます。
ベルフォメットのランダム効果は外れる確率が高いので、頼らないで戦えるようになるのは大きいです。
現環境では機械よりもAFの方が多いですが、このカードによって数が増えることになりそうです。

シューティングタートル

f:id:H_mizono:20200517122507p:plain
評価C 将来性BC
機械自然のデュアルタイプですが、肝心の機械Nmとの相性はあまりよくなさそうです。
欲しかったハンドを保てる機械やキーカードを探しに行ける機械と異なります。
用途としては、マキシマムメタルゴリラを走らせるなどでしょうか。
機械ネメシスであればエアリアルクラフトをケアされた弱い盤面に走るのが良さそう。

ですが、デッキを大きく歪めるので新アーキでの活躍を期待したい。
※走りませんでした

予想レシピ

リノコン

f:id:H_mizono:20200520121812p:plain

機械ロイヤル

f:id:H_mizono:20200520122142p:plain

冥府ネクロ

f:id:H_mizono:20200520123156p:plain

自然ネクロ

f:id:H_mizono:20200520124039p:plain

コントロールヴァンプ

f:id:H_mizono:20200520125018p:plain

機械ネメシス

f:id:H_mizono:20200520121428p:plain

終わりに

機械のローテ落ちが迫り、落ちた後に活躍しそうなカードも多く見られました。
すぐにでも活躍してくれそうなカードもあるので、アッパー含め環境は変わりそうです。
注目は機械ネメシスと冥府ネクロです。

それではまた